Johann Wolfgang von Goethe: Torquato Tasso. Am 6. Johann Wolfgang von Goethe: „Prometheus“ Das Gedicht „Prometheus“ stammt von Johann Wolfgang von Goethe und wurde zwischen 1773 und 1774 verfasst. Neu erzählt von Erich Weidinger, aus d. Reihe: Lesezug-Klassiker, ill. v. Petra Herberger, ab 7 Jahren Wien: G & G Verlag 2019, 80 Seiten, 8,95 €, ISBN 978-3-7074-2287-0 1786 schrieb er das Werk noch ein mal um. Er beschäftigte sich auch mit historischen, philosophischen und theologischen Fragen. ), 『アネッテ』は出版はされず、友人が書き写していたものがゲーテの死後50年経ってヴァイマルの女官の家で発見された。20代のときに執筆していた『, 訳書は『ゲーテ=シラー往復書簡集』(森淑仁ほか3名訳、潮出版社(上下)、2016年)がある。, 主治医に言った言葉とされるが、単に部屋が暗いので明かりを入れて欲しいという程度の意味だったとも言われる(池内紀『ゲーテさんこんばんは』)。. Die Figur des Götz ist ein Kämpfer der Freiheit. Johann Wolfgang Goethe ; im Auftrag der Klassik Stiftung Weimar Goethe- und Schiller-Archiv, herausgegeben von Georg Kurscheidt, Norbert Oellers und Elke Richter De Gruyter c2020- : [set] , Bd. Johann Wolfgang von Goethe: Faust I: 14 komplett ausgearbeitete Unterrichtssequenzen zur Abiturlektüre Faust I Alle Materialien und Klausuren im ... 14 komplett ausgearbeitete Unterrichtssequenzen zur Abiturlektüre Faust I Alle Er fand viele Freunde, einer von ihnen war der Schriftsteller Herder, einer der führenden Personen des Sturm und Drangs, der ihn für Shakespeare und für die Volkspoesie begeisterte. Nach dem Tod Schillers fiel Goethe in ein Tief und erkrankte an einer Nierenkolik. Einleitung Die vorliegende Hausarbeit beschäftigt sich mit der Hymne 'Das Göttliche' von Johann Wolfgang Goethe, die wahrscheinlich im Jahre 1783 entstand und von Friedrich Heinrich Jacobi zwei Jahre später in dessen Schrift 1788 verläßt er Rom wieder und kehrt nach Weimar zurück. Goethe verfasste dieses Gedicht während seines zweiten Aufenthaltes in Frankfurt. August 1749 in Frankfurt/Main als Sohn des kaiserlichen Rater Dr.jur. A dire così è stato Johann Wolfgang von His works include: four novels; epic and lyric poetry; prose and verse dramas; memoirs; an autobiography; literary and aesthetic criticism; and treatises on botany, anatomy, and colour.. Er machte ihr sogar einen Heiratsantrag. Kam aus einer angesehenen Familie (Textor) - Nach Johann Wolfgang … Die in dieser Analyse zuerst behandelte, ist die Iris -Fassung, die 1775 in der gleichnamigen Zeitschrift aber noch ohne den berühmt, berüchtigten Titel erschienen ist. Dieses Liederbuch umfaßt 9 seiner bekanntesten Liebesgedichte, wie Willkommen und Abschied. Scrittore, poeta, drammaturgo tedesco. Ende 1794 freundete Goethe sich mit Schiller an. Sein Vater war ein sehr strenger und verschlossener Mann. Die Jugendlichen zogen sich so an wie Werther und Lotte im Buch. Dort konnte er kaum Kontakte zu seinen Freunden knüpfen und verließ die Stadt in Richtung Jena, wo er Schiller trifft. Johann Wolfgang (von) Goethe è nato a Francoforte sul Meno il 28 agosto 1749. Auf der Herbstmesse erschien das Drama in einer Art Briefroman. Goethe bekam eine Einladung des Freiherrn von Stein. Deshalb verließ er Wetzlar schon nach 3 Monaten wieder und kehrte nach Frankfurt zurück. Das Werk wurde für Goethe ein Welterfolg. Dichter und Künstler waren bei Goethe nicht mehr so erwünscht. Mit 17 verliebte er sich in die Tochter des Wirts, wo er jeden Tag zu Mittag aß. Sein Interesse für die Beobachtung von Naturvorgängen wurde geweckt. Er begann 1780 mit der Arbeit an dem Stück. Goethe lebte in seinen letzten Jahren nicht mehr allein in seinem Haus. Ganz Deutschland war im Wertherrausch, dies griff auch auf die Nachbarländer über. Referat Johann Wolfgang von Goethe Lebenslauf Kindheit und Jugend - Geburt am 28.08.1749 in Frankfurt am Main - Vater: Johann Caspar Goethe, Jurist - Mutter: Catharina Elisabeth Goethe, Hausfrau. ~Johann Wolfgang von Goethe~1 Heute löst die Begegnung mit der Geschichte, insbesondere mit der Klassik, oft Desinteresse oder Langeweile aus. Zuerst dachte sie es wäre ein Scherz, lehnte jedoch ab, als sie merkte, daß es Goethe ernst meinte. E' morto a Weimar il 22 marzo 1832. Johann Caspar Goethe und Catharina Elisabeth geboren. › Visita la página de Amazon Johann Wolfgang von Goethe Encuentra todos los libros, lee sobre el autor y más. Durch dieses Werk wurde Goethe schon im Alter von 25 Jahren einer der bekanntesten Dichter Deutschlands. 1811 begann er mit seinem Lebenswerk ,,Dichtung und Wahrheit" und vollendete es 1832. Unter Herders Anleitung gewann Goethe die Ansicht, daß es für die Dichter und Künstler wichtiger sei, sich von ihren Empfindungen leiten zu lassen, als einem angelernten Wissen und Können zu vertrauen. Peter Stein sulle tracce di Goethe nella Sicilia in cui riscoprì se stesso «L’Italia senza la Sicilia non lascia alcuna immagine nello spirito. Für ihn war das was in Shakespeare stand, sein poetisches Ziel: Abkehr vom Rokoko-Theater, Bruch mit dem regelgebundenen Drama der Franzosen und ihrer Nachahmer. Das Gedicht Wilkommen und Abschied von Johann Wolfgang Goethe präsentiert sich in verschiedenen Fassungen. In dem Buch geht es um den jungen Werther, der sich in Lotte verliebt, die aber mit Albert verlobt ist. Goethe war zunächst begeistert von der Messestadt Leipzig, doch sein Desinterrese für sein Studium vermißte ihm seinen Aufentlhalt. Johann Wolfgang von Goethe (28 August 1749 – 22 March 1832) was a German writer and statesman. Goehte konnte seine Empfindungen wie Liebe, Trauer und Schmerz mühelos in Worte fassen. Biografie Goethes 2.1 Das Leben von Goethe Johann Wolfgang von Goethe wurde am 28. Das Drama wurde der Spiegel seines Strebens nach Reinheit. Johann Wolfgang von Goethe wurde am 28. Goethe już jako dziecko interesował się literaturą oraz sztuką teatralną. Goethe verliebte sich in Charlotte. Im selben Jahr vollendete er den ersten Teil Fausts. Auf Vorschlag seines Vaters ging Goethe im Mai 1772 nach Wetzlar, um als Praktikant am Reichskammergericht seine juristischen Kenntnisse zu erweitern. Der Unterricht fand immer unter strenger Aufsicht seines Vaters statt. Die ersten Drucke waren innerhalb von einem Tag vergriffen. Goethe hatte in seiner Kindheit und auch später immer einen sehr angespannten Kontakt zu seinem Vater. Er kehrte nach Frankfurt zurück, wo es fast 1 ½ Jahre dauerte bis er vollkommen gesund war. - Es dauert nur 5 Minuten - Jede Arbeit findet Leser. Vorher war ein intensiver Briefkontakt zwischen Jena und Weimar. 1808 lernte er Napoleon kennen. ドイツを代表する 文豪 であり、小説『 若きウェルテルの悩み 』『 ヴィルヘルム・マイスターの修業時代 』、叙事詩『 ヘルマンとドロテーア 』、詩劇『 ファウスト 』など広い分野で重要な作品を残した。 その文学活動は大きく3期に分けられる。� Goethe lernte Latein, Griechisch, Französisch, Englisch und später auch Hebräisch. Johann Wolfgang von Goethe, Teilansicht des Goethe-Schiller-Denkmals in Weimar, errichtet 1856/57 von Ernst Rietschel [336] Nachdem Goethe schon seit den 1860er Jahren zum Lektürekanon an deutschen Schulen gehörte, [337] wurde er nach der Reichsgründung 1871 allmählich zum Genius des neuen Reiches erklärt. Im Februar 1787 reiste er weiter in den Süden Italiens. Goethe interessierte sich nicht für seinen Beruf, er befaßte sich lieber mit den Werken von Shakespeare. Er lud Gäste ein, und hielt Lesungen. Amazon配送商品ならFaustが通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Wolfgang von Goethe, Johann作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。 1782 wurde er vom Kaiser Joseph dem Zweiten geadelt. So entsprach auch Goethes Lebensstil, er ließ sich gehen, er kümmerte sich nicht um seinen Beruf, machte sich über Freunde und über angesehene Dichter lustig. Auf Sizilien ging er seinen Forschungen in der Tier- und Pflanzenwelt nach. Goethe nahm die Arbeit wieder am Faust auf. Kurz darauf bat er um Urlaub auf unbestimmte Zeit, die er zu einem Italienbesuch nutzen wollte. 4.2A , Bd. 1777 schrieb er das Singspiel Lila, die Dramen Grille, der Triumph der Empfindsamkeit, Jery und Bätely, die Fischerin und der Erlkönig. Um die Neugierde am Leben und Werk der Klassiker zu wecken, bedarf es spektakuläre Theaterinszenierungen oder skandalträchtiger Biografien. Es führte beinahe zur Trennung von seiner Frau. Vom Hofpoeten zum freien In diesem Jahr vollendete Goethe auch den 2. 1770 ging er auf Wunsch des Vaters nach Straßburg wo er sein Studium beenden sollte. Johann Wolfgang von Goethe wurde am 28. Seine Mutter dagegen war sehr lebhaft, heiter und liebevoll. Seine Mutter Catharina Textor war gerade erst 18 Jahre alt, als er auf die Welt kam, sein Vater dagegen fast schon 40. In Trient begann er das Manuskript der Iphigenie, so wie er es in Prosa verfaßt hatte, in Jamben umzuformen, wie er es lange schon geplant hatte. Teil vom Faust und sein Lebenswerk Dichtung und Wahrheit. http://www.iep.utm.edu/goethe/ Goethe defies most labels, and in the case of the label 'philosopher' he did so intentionally. Bei hellem Tage, schon vor vieren, Mit Stößen sich bis an die Kasse ficht Und, wie in Hungersnot um Brot an Bäckertüren, Um ein Billet sich fast die Hälse bricht. Alle Nachdrucke wurden verkauft, es entstanden sogar Raubkopien, was für die damalige Zeit ungewöhnlich war. Dort schrieb er die Sesenheimer Lyrik. Seine Gäste waren vor allem Naturforscher und Kunstgelehrte, so wie Entdeckungsreisende und Erzieher. 1812 lernte er zufällig Ludwig van Beethoven kennen. Im selben Jahr verliebte er sich in Sophie von La Roches. Seine Mutter dagegen war sehr lebhaft, heiter und liebevoll. Napoleon war begeistert von der Persönlichkeit Goethes und seiner Werke. Goethe hielt sich 4 Monate in Rom auf. 1828 verliebte Goethe sich im Alter von 74 Jahren in die 19jährige Ulrike Levetzow. Im Juni 1776 bekam er vom Herzog eine Stelle im geheimen Legationsrat, so trat er offiziell in den weimarischen Staatsdienst ein. Schon in seiner Kindheit, (schreibt er in „Dichtung und Wahrheit“) hat Goethe die Biographie Tassos gelesen. 1788 lernt er die 23jährige Christiane Vulpius kennen, die er 1806 heiratet und mit der er 5 Kinder hat von denen jedoch nur sein Sohn August nach der Geburt überlebt. 1776 kam sein alter Freund Herder an den Weimarerhof. Trotz der Freundschaft kam es zu Spannungen. August 1749 in Frankfurt am Main geboren. 1799 zog Schiller in die Nähe von Goethe. Johann Wolfgang von Goethe (pronunciado /ˈjoːhan ˈvɔlfɡaŋ fɔn ˈɡøːtə/ (escuchar); Fráncfort del Meno, 28 de agosto de 1749-Weimar, 22 de marzo de 1832) fue un poeta, novelista, dramaturgo y científico alemán, contribuyente fundamental del Romanticismo, movimiento al que influyó profundamente. Hätte Goethe seinen eigenen Neigungen folgen dürfen, so wäre er nach Göttingen gegangen, um dort Altertumswissenschaften zu studieren. Dies sollte ihn sein ganzes Leben hindurch verfolgen. W Lipsku jednak zamiast poświęcić się prawu zaangażował się w nauki rysunku oraz był słuchaczem wykładów z dziedziny poetyki, podejmował się też pisania pierwszych utworów lirycznych na cześć swojej ukochanej. Werther zieht es zurück zu ihr, doch als er endgültig merkt das er ihre Gunst nicht gewinnen kann, nimmt er sich als letzten Ausweg das Leben. … Ab dem 6 Lebensjahr bekam Goethe Unterricht von Privatlehrern. Am 9. Durch Intrigen wurde Goethe 1817 aus der Direktion des Hoftheaters enthoben. Goethe hatte in seiner Kindheit und auch später immer einen sehr angespannten Kontakt zu seinem Vater. Rok 1765 oznaczał dla niego wyjazd do Lipska, gdzie mógł podjąć studia prawnicze. - Publikation als eBook und Buch Der Bruch mit dem klassizistischen Drama war mit diesem Stück, das 59 Szenenwechsel und keine Zeit- und Ortsangaben hatte, vollzogen. 4.1 , Bd. Er fing auch gleichzeitig ein neues Werk an, mit Namen Tasso. Er wurde in der Fürstengruft beigesetzt. Juni starb Goethes Frau Christiane Vulpius. Johann Wolfgang von Goethe wurde am 28. Vom Hofpoeten zum freien Schriftsteller - Germanistik - Hausarbeit 2008 - ebook 10,99 € - GRIN Details Titel Johann Wolfgang von Goethe: Torquato Tasso. www.KlausSchenck.de / Deutsch / Literaturhausarbeit / Johann Wolfgang von Goethe: „Faust - Der Tragödie erster Teil“ / Seite 4 von 31 2. Ojciec Goethego tymczasem, zaniepokoj… August 1749 in Frankfurt am Main geboren. Aber es gab natürlich eine Gegenseite, die Kirche, Oberhäupte, Stadträte, die in dem Drama eine Gefahr sahen. - Für Sie komplett kostenlos – mit ISBN 1831 starb Goethes Sohn im Alter von 41 Jahren in Italien, an den Pocken. Johann Wolfgang Goethe, înnobilat în anul 1782 (n.28 august 1749, Frankfurt am Main – d. 22 martie 1832, Weimar) a fost un poet german, ilustru gânditor și om de știință, una dintre cele mai de seamă personalități ale culturii universale. 1814 lernte er auch die Gemahlin eines Frankfurter Bankiers kennen und verliebt sich natürlich wiedermal. Er wurde streng evangelisch erzogen. Er begann das Werk am Anfang des Jahres 1774 und vollendete es im Herbst. Goethe, Johann Wolfgang von - Urfaust - Didaktik / Deutsch - Literatur, Werke - Referat 2000 - ebook 0,- € - Hausarbeiten.de Der GRIN Verlag hat sich seit 1998 auf die Veröffentlichung akademischer eBooks und Bücher spezialisiert. Der West- Östliche Divan ist die umfangreichste Lyrik- Sammlung von Johann Wolfgang von Goethe, die zu den größten Werken seiner späten Schaffensperiode zählt. Johann Wolfgang von Goethe, Der Zauberlehrling. Die Beziehung mit Friederike Brion brach erst auseinander, als Goethe schon in Frankfurt war. 4.2B “Goethe's Criticisms, Reflections, and Maxims” 55 Copy quote Every day I observe more and more the folly of … So entzog er sich der Freundschaft mit der Gemahlin des Bankiers. Mit 16 Jahren schickte ihn sein Vater auf die Universität in Leipzig, wo er Recht studieren sollte. Zu dieser Zeit befaßte er sich mit mystischen Schriften und beginnt erste achlimistische Versuche. Dort lernt Goehte den Gesandtschaftssekretär Johann Christian Kestner und dessen Frau Charlotte Buff kennen. Sein Vater war ein sehr strenger und verschlossener Mann. Seine Liebschaft endete mit einer freundschaftlichen Trennung. Nach dem 3jährigen Studium 1768 führte die seelische Belastung zu einem physischen Nervenzusammenbruch, woran er beinahe starb. Das Stück handelt von dem Raubritter Götz der gegen die Bevormundung eines Bischofs ankämpft und zum Anführer eines Bauernheeres gewählt wird. Er sieht ein, das dass werben um sie keinen Sinn hat und zieht enttäuscht davon. Goethe begann häufiger in Kuren zu gehen, bis es regelmäßig wurde. Soltanto qui c’è l’origine di tutto». Ende 1771 schrieb Goethe die erste Fassung von, Götz von Berlichingen" in knapp 6 Wochen. Da seine Eltern großen Wert auf eine gute Ausbildung legten, bekam Goethe bereits im frühen Alter Privatunterricht in Latein, Griechisch, Englisch, Italienisch und Schönschreiben. So wurde in Leipzig zum Beispiel das Drama verboten. In seinem späteren Leben jedoch wendete er sich von der Kirche ab. Seine Mutter Catharina Textor war gerade erst 18 Jahre alt, als er auf die Welt kam, sein Vater dagegen fast schon 40. ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe[1]、1749年8月28日 - 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。, その文学活動は大きく3期に分けられる。初期のゲーテはヘルダーに教えを受けたシュトゥルム・ウント・ドラングの代表的詩人であり、25歳のときに出版した『若きウェルテルの悩み』でヨーロッパ中にその文名を轟かせた。その後ヴァイマル公国の宮廷顧問(その後枢密顧問官・政務長官つまり宰相も務めた)となりしばらく公務に没頭するが、シュタイン夫人との恋愛やイタリアへの旅行などを経て古代の調和的な美に目覚めていき、『エグモント』『ヘルマンとドロテーア』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』などを執筆、シラーとともにドイツ文学における古典主義時代を築いていく。, シラーの死を経た晩年も創作意欲は衰えず、公務や自然科学研究を続けながら『親和力』『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』『西東詩集』など円熟した作品を成した。大作『ファウスト』は20代から死の直前まで書き継がれたライフ・ワークである。ほかに旅行記『イタリア紀行(英語版)』、自伝『詩と真実』や、自然科学者として「植物変態論」、「色彩論」などの著作を残している。, 1749年8月28日、ドイツ中部フランクフルト・アム・マインの裕福な家庭にヨハン・ヴォルフガング・ゲーテとして生まれる。父方の家系はもとは蹄鉄工を家業としていたが、ゲーテの祖父にあたるフリードリヒ・ゲオルク・ゲーテはフランスで仕立て職人としての修業を積んだ後、フランクフルトで旅館経営と葡萄酒の取引で成功し大きな財を成した。その次男であるヨハン・カスパーがゲーテの父にあたる。彼は大学を出たのちにフランクフルト市の要職を志したがうまく行かず、枢密顧問官の称号を買い取った後は職に就かず文物の蒐集に没頭していた。母エリーザベトの実家テクストーア家は代々法律家を務める声望ある家系であり、母方の祖父は自由都市フランクフルトの最高の地位である市長も務めた。ゲーテは長男であり、ゲーテの生誕した翌年に妹のコルネーリアが生まれている。その後さらに3人の子供が生まれているがみな夭折し、ゲーテは2人兄妹で育った。ゲーテ家は明るい家庭的な雰囲気であり、少年時代のゲーテも裕福かつ快濶な生活を送った。当時のフランクフルトの多くの家庭と同じく宗派はプロテスタントであった。, 父は子供たちの教育に関心を持ち、幼児のときから熱心に育てた。ゲーテは3歳の時に私立の幼稚園に入れられ、読み書きや算数などの初等教育を受けた。5歳から寄宿制の初等学校に通うが、7歳のとき天然痘にかかって実家に戻り、以後は父が家庭教師を呼んで語学や図画、乗馬、カリグラフィー、演奏、ダンスなどを学ばせた。ゲーテは語学に長けており、少年時代にはすでに英語、フランス語、イタリア語、ラテン語、ギリシア語、ヘブライ語を習得している。少年時代のゲーテは読書を好み、『テレマック』や『ロビンソン・クルーソー』などの物語を始め手当たり次第に書物を読んだ(その中には『ファウスト』の民衆本も含まれる)。詩作が評判であったのも幼少の頃からであり、最も古いものではゲーテが8歳の時、母方の祖父母に宛てて書いた新年の挨拶の詩が残っている。, 14歳の時、ゲーテは近所の料理屋の娘の親戚でグレートヒェンという年上の娘に初恋をするも、失恋に終わる。なおこのグレートヒェンの名前はゲーテの代表作『ファウスト』の第一部のヒロインの名に取られている。, 1765年、ゲーテは16歳にして故郷を離れライプツィヒ大学の法学部に入学することになる。これは法学を学ばせて息子を出世させたいという父親の意向であるが、ゲーテ自身はゲッティンゲンで文学研究をしたかったと回顧している。ゲーテは「フォイアークーゲル」という名の大きな家に二間続きの部屋を借りて、最新のロココ調の服を着て都会風の生活をし、法学の勉強には身が入らなかった。この時期、ゲーテは通っていたレストランの娘で2、3歳年上のアンナ・カトリーナ・シェーンコプフ(愛称ケートヒェン)に恋をし、『アネッテ』という詩集を編んでいる[2]。 Die erste Fassung schrieb er zunächst in Prosa und unterbrach das Schreiben 1781 wieder. しかし都会的で洗練された彼女に対するゲーテの嫉妬が彼女を苦しめることになり、この恋愛は破局に終わった。, ゲーテは3年ほどライプツィヒ大学に通ったが、その後病魔に襲われてしまい、退学を余儀なくされた(病名は不明であるが、症状から結核と見られている)。19歳のゲーテは故郷フランクフルトに戻り、その後1年半ほどを実家で療養することになる。この頃、ゲーテは母方の親戚スザンナ・フォン・クレッテンベルクと知り合った。彼女は真の信仰を魂の救済に見出そうとするヘルンフート派の信者であり、彼女との交流はゲーテが自身の宗教観を形成する上で大きな影響を与えた(後の『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』の第六部「美しい魂の告白」は彼女との対話と手紙から成っている)。またこの頃ゴットフリート・アルノルトの『教会と異端の歴史』を通じて異端とされてきた様々な説を学び、各々が自分の信じるものを持つことこそが真の信仰であるという汎神論的な宗教観を持つに至った。, またゲーテはこの時期に自然科学に興味を持ち、実験器具を買い集めて自然科学研究にも精を出している。ゲーテは地質学から植物学、気象学まで自然科学にも幅広く成果を残しているが、既にこの頃にはその基礎を作り上げていた。, 1770年、ゲーテは改めて勉学へ励むため、フランス的な教養を身につけさせようと考えた父の薦めもあってフランス領シュトラースブルク大学に入学した。この地で学んだ期間は一年少しと短かったが、ゲーテは多くの友人を作ったほか、作家、詩人としての道を成す上での重要な出会いを体験している。とりわけ大きいのがヨハン・ゴットフリート・ヘルダーとの出会いである。ヘルダーはゲーテより5歳年長であるに過ぎなかったが、理性と形式を重んじる従来のロココ的な文学からの脱却を目指し、自由な感情の発露を目指すシュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)運動の立役者であり、既に一流の文芸評論家として名声もあった。当時無名の学生であったゲーテは彼のもとへ足繁く通い、ホメロスやシェークスピアの真価や聖書、民謡(フォルクス・リート)の文学的価値など、様々な新しい文学上の視点を教えられ、作家・詩人としての下地を作っていった。, またこの時期、ゲーテはフリーデリケ・ブリオンという女性と恋に落ちている。彼女はシュトラースブルクから30キロほど離れたゼーゼンハイムという村の牧師の娘であり、ゲーテは友人と共に馬車で旅行に出た際に彼女と出会った。彼女との恋愛から「野ばら」や「五月の歌」などの「体験詩」と呼ばれる抒情詩が生まれるが、しかしゲーテは結婚を望んでいたフリーデリケとの恋愛を自ら断ち切ってしまう。この出来事は後の『ファウスト』に書かれたグレートヒェンの悲劇の原型になったとも言われている。, 1771年8月、22歳のゲーテは無事に学業を終え故郷フランクフルトに戻った。しかし父の願うような役所の仕事には就けなかったため、弁護士の資格を取り書記を一人雇って弁護士事務所を開設した。友人、知人が顧客を回してくれたため当初から仕事はそこそこあったが、しかしゲーテは次第に仕事への興味を失い文学活動に専念するようになった。ゲーテは作家のヨハン・ハインリヒ・メルクと知り合って彼の主宰する『フランクフルト学報』に文芸評論を寄せ、またこの年の10月から11月にかけて処女戯曲『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』の初稿を書き上げた。しかし本業をおいて文学活動に没頭する息子を心配した父により、ゲーテは法学を再修得するために最高裁判所のあったヴェッツラーへと送られることになった。, 1772年4月にヴェッツラーに移ったゲーテは、ここでも法学には取り組まず、むしろ父から離れて文学に専念できることを喜んだ。ヴェッツラーはフランクフルトの北方に位置する小さな村であったが、ドイツ諸邦から有望な若者が集まっており、ゲーテは特にヨハン・クリスティアン・ケストナーやカール・イェルーザレムと親しい仲となった。6月9日、ゲーテはヴェッツラー郊外で開かれた舞踏会で19歳の少女シャルロッテ・ブッフに出会い熱烈な恋に落ちた。ゲーテは毎晩彼女の家を訪問するようになるが、まもなく彼女は友人ケストナーと婚約中の間柄であることを知る。ゲーテはあきらめきれず彼女に何度も手紙や詩を送り思いのたけを綴ったが、彼女を奪い去ることもできず、9月11日に誰にも知らせずにヴェッツラーを去った。, フランクフルトに戻ったゲーテは、表向きは再び弁護士となったが、シャルロッテのことを忘れられず苦しい日々を送った。シャルロッテの結婚が近づくと自殺すら考えるようになり、ベッドの下に短剣を忍ばせ毎夜自分の胸につき立てようと試みたという。そんな折、ヴェッツラーの友人イェルーザレムがピストル自殺したという報が届いた。原因は人妻との失恋である。この友人の自殺とシャルロッテへの恋という2つの体験が、ゲーテに『若きウェルテルの悩み』の構想を抱かせることとなった。, 続く3年間をゲーテはフランクフルトで過ごしたが、この間にゲーテの文名を一気に世界的に高めることになる二つの作品が成立した。まずゲーテは『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』を改作したうえでメルクの援助を受けて1773年7月に自費出版を行なうが、この作品はすぐに評判となりほどなくドイツ中の注目を集めた。そして1774年9月、ヴェッツラーでの体験をもとにした書簡体小説『若きウェルテルの悩み』が出版されると若者を中心に熱狂的な読者が集まり、主人公ウェルテル風の服装や話し方が流行し、また作品の影響で青年の自殺者が急増するといった社会現象を起こし、ドイツを越えてヨーロッパ中にゲーテの名を轟かせることになった。また生涯をかけて書き継がれていくことになる『ファウスト』に着手したのもこの頃である。, この2作品によってシュトゥルム・ウント・ドラングの中心作家となったゲーテは、フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービとその兄ヨハン・ゲオルク、ヨハン・カスパー・ラヴァーター、レッシング、クロプシュトックなど当代一流の文人たちと交流を持つようになった。また知見を広げるため、ヨーロッパ各地へ旅行も活発にし、1774年7月からはラーヴァーターと教育学者バーゼドといった友人たちと、ライン地方へ講演旅行に行っている。1774年12月には、後にゲーテを自国ヴァイマル公国に招くことになるカール・アウグスト公がパリ旅行の途上でフランクフルトのゲーテを訪問している。, このような中でゲーテはフランクフルト屈指の銀行家の娘であるリリー・シェーネマンと新たな恋に落ちた。1775年4月にはリリーの友人である女性実業家デルフの仲介によって婚約に至るが、しかし宗派や考え方の違いから両家の親族間のそりが合わず、この婚約も難航した。婚約直後にゲーテはしがらみから逃れるようにして単身でスイス旅行に行き、リリーへの思いを詩に託したが、結局この年の秋に婚約は解消することになった。, 1775年11月、ゲーテはカール・アウグスト公からの招請を受け、その後永住することになるヴァイマルに移った。当初はゲーテ自身短い滞在のつもりでおり、招きを受けた際もなかなか迎えがこなかったためイタリアへ向かってしまい、その途上のハイデルベルクのデルフ宅でヴァイマルからの連絡を受けあわてて引き返したほどであった。, 当時のヴァイマル公国は面積1900平方キロメートル、人口6000人程度の小国であり、農民と職人に支えられた貧しい国であった。本来アウグスト公の住居となるはずの城も火災で焼け落ちたまま廃墟となっており、ゲーテの住まいも公爵に拝領した質素な園亭であった。アウグスト公は当時まだ18歳で、父エルンスト・アウグスト2世は17年前に20歳の若さで死亡し、代りに皇太后アンナ・アマーリア(アウグスト公の母親)が政務を取り仕切っていた。彼女は国の復興に力を注ぎ、詩人ヴィーラントを息子アウグストの教育係として招いたほか多くの優れた人材を集めていた。, 26歳のゲーテはアウグスト公から兄のように慕われ、彼と共に狩猟や乗馬、ダンスや演劇を楽しんだ。王妃からの信頼も厚く、また先輩詩人ヴィーラントを始め多くの理解者に囲まれ、次第にこの地に留まりたいという思いを強くしていった。到着から半年後、ゲーテは公国の閣僚となりこの地に留まることになったが、ゲーテをこの地にもっとも強く引き付けたのはシャルロッテ・フォン・シュタイン夫人との恋愛であった。, ゲーテとシュタイン夫人との出会いは、ゲーテがヴァイマールに到着した数日後のことであった。彼女はヴァイマールの主馬頭の妻で、この時ゲーテよりも7つ上の33歳であり、すでに7人の子供がいた。しかしゲーテは彼女の調和的な美しさに惹かれ、彼女の元に熱心に通い、また多くの手紙を彼女に向けて書いた。すでに夫との仲が冷め切っていた夫人も青年ゲーテを暖かく迎え入れ、この恋愛はゲーテがイタリア旅行を行なうまで12年にも及んだ。この恋愛によってゲーテの無数の詩が生まれただけでなく、後年の『イフィゲーニエ』や『タッソー』など文学作品も彼女からの人格的な影響を受けており、ゲーテの文学がシュトルム・ウント・ドラングから古典主義へと向かっていく契機となった。, シュタイン夫人との恋愛が続いていた10年は同時にゲーテが政務に没頭した10年でもあり、この間は文学的には空白期間である。1780年の31歳の時、フランクフルトのロッジにてフリーメイソンに入会。4年後に書かれた「秘密」という叙事詩にはフリーメイソンをモデルとした秘密結社を登場させている。ゲーテは着実にヴァイマル公国の政務を果たし、1782年には神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世により貴族に列せられヴァイマル公国の宰相となった(以後、姓に貴族を表す「フォン」が付き、「ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ」と呼ばれるようになる)。政治家としてのゲーテはヴァイマル公国の産業の振興を図るとともに、イェーナ大学の人事を担当してシラー、フィヒテ、シェリングら当時の知識人を多数招聘し、ヴァイマル劇場の総監督としてシェイクスピアやカルデロンらの戯曲を上演し、文教政策に力を注いだ。, 1786年、ゲーテはアウグスト公に無期限の休暇を願い出、9月にイタリアへ旅立った。もともとゲーテの父がイタリア贔屓であったこともあり、ゲーテにとってイタリアはかねてからの憧れの地であった。出発時ゲーテはアウグスト公にもシュタイン夫人にも行き先を告げておらず、イタリアに入ってからも名前や身分を偽って行動していた。出発時にイタリア行きを知っていたのは召使のフィリップ・ザイテルただ一人で、このことは帰国後シュタイン夫人との仲が断絶する原因となった。, ゲーテはまずローマに宿を取り、その後ナポリ、シチリア島を訪れるなどし、結局2年もの間イタリアに滞在していた。ゲーテはイタリア人の着物を着、イタリア語を流暢に操りこの地の芸術家と交流した。その間に友人の画家ティシュバインの案内で美術品を見に各地を訪れ、特に古代の美術品を熱心に鑑賞した。午前中はしばらく滞っていた文学活動に精を出し、1787年1月には『イフィゲーニエ』をこの地で完成させ、さらに『タッソー』『ファウスト断片』を書き進めている。また旅行中に読んだベンヴェヌート・チェッリーニの自伝を帰国後にドイツ語に訳しており、さらに30年後にはイタリア滞在中の日記や書簡をもとに『イタリア紀行(英語版)』が書かれている。, 1788年にイタリア旅行から帰ったゲーテは芸術に対する思いを新たにしており、宮廷の人々との間に距離を感じるようになった。ゲーテはしばらく公務から外れたが、イタリア旅行中より刊行が始まった著作集は売れ行きが伸びず、ゲーテを失望させることになる。なお帰国してから2年後の1790年に2度目のイタリア旅行を行なっているが、1回目とは逆に幻滅を感じ数ヶ月で帰国している。, 最初のイタリア旅行から戻った直後の1788年7月、ゲーテのもとにクリスティアーネ・ヴルピウスという23歳になる女性が訪れ、イェーナ大学を出ていた兄の就職の世話を頼んだ。彼女を見初めたゲーテは彼女を恋人にし、後に自身の住居に引き取って内縁の妻とした。帰国後まもなく書かれた連詩『ローマ哀歌』も彼女への恋心をもとに書かれたものである。しかし身分違いの恋愛は社交界の憤激の的となり、シュタイン夫人との決裂を決定的にすることになる。1789年には彼女との間に長男アウグストも生まれているが、ゲーテは1806年まで彼女と籍を入れなかった。なおゲーテとクリスティアーネの間にはその後4人の子供が生まれたがいずれも早くに亡くなり、長じたのはアウグスト一人である。, フランス革命に対しては、ゲーテはその自由の精神に共感したものの、革命がその後辿った無政府状態に対しては嫌悪を感じていた。, 1792年7月にフランスがドイツに宣戦布告すると、プロイセン王国の甲騎兵連隊長であったアウグスト公に連れ立ってゲーテも従軍し、ヴァルミーの戦いに参加した。この戦いにおけるフランス革命軍の勝利に対し、, ゲーテとフリードリヒ・シラーは、共にドイツ文学史におけるシュトゥルム・ウント・ドラングとヴァイマル古典主義(「ドイツ古典主義」、「擬古典主義」などとも)を代表する作家として並び称されるが、出合った当初はお互いの誤解もあって打ち解けた仲とはならなかった。ゲーテは1788年にシラーをイェーナ大学の歴史学教授として招聘しているが、その後1791年にシラーが『群盗』を発表すると、すでに古典の調和的な美へと向かっていたゲーテは『群盗』の奔放さに反感を持ち、10歳年下のシラーに対して意識的に距離を置くようにしていた。シラーのほうもゲーテの冷たい態度を感じ、一時はゲーテに対し反感を持っていた。, だがその後1794年のイェーナにおける植物学会で言葉を交わすとゲーテはシラーが自身の考えに近づいていることを感じ、以後急速に距離を縮めていった。この年の6月13日にはシラーが主宰する『ホーレン』への寄稿を行っており、1796年には詩集『クセーニエン』(Xenien)を共同制作し、2行連詩形式(エピグラム)によって当時の文壇を辛辣に批評した。こうして互いに友情を深めるに連れ、2人はドイツ文学における古典主義時代を確立していくことになった。, この当時、自然科学研究にのめりこんでいたゲーテを励まし、「あなたの本領は詩の世界にあるのです」といってその興味を詩作へと向けさせたのもシラーであった。ゲーテはシラーからの叱咤激励を受けつつ、1796年に教養小説の傑作『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』を、翌年にはドイツの庶民層に広く読まれることになる叙事詩『ヘルマンとドロテーア』を完成させた。1799年にはシラーはヴァイマルへ移住し、二人の交流はますます深まる。また『ファウスト断片』を発表して以来、長らく手をつけずにいた『ファウスト』の執筆をうながしたのもまたシラーである。ゲーテは後に「シラーと出会っていなかったら、『ファウスト』は完成していなかっただろう」と語っている。, 1805年5月9日、シラーは肺病のため若くして死去する。シラーの死の直前までゲーテはシラーに対して文学的助言を求める手紙を送付している。周囲の人々はシラーの死が与える精神的衝撃を憂慮し、ゲーテになかなかシラーの訃報を伝えられなかったという。実際にシラーの死を知ったゲーテは「自分の存在の半分を失った」と嘆き病に伏せっている。一般にドイツ文学史における古典主義時代は、ゲーテのイタリア旅行(1786年)に始まり、このシラーの死を持って終わるとされている。なお1794年からシラーが没するまでの約11年間で交わされた書簡は1000通余りである[3], 1806年、イエナ・アウエルシュタットの戦いに勝利したナポレオン軍がヴァイマルに侵攻した。この際酔っ払ったフランス兵がゲーテ宅に侵入して狼藉を働いたが、未だ内縁の妻であったクリスティアーネが駐屯していた兵士と力を合わせてゲーテを救った。ゲーテはその献身的な働きに心を打たれ、また自身の命の不確かさをも感じ、20年もの間籍を入れずにいたクリスティアーネと正式に結婚することに決めた。カール・アウグスト公が結婚の保証人となり、式は2人だけで厳かに行なわれた。, また1808年にナポレオンの号令によってヨーロッパ諸侯がエアフルトに集められると、アウグスト公に連れ立ってゲーテもこの地に向かい、ナポレオンと歴史的対面を果たしている。『若きウェルテルの悩み』の愛読者であったナポレオンはゲーテを見るなり「ここに人有り!(Voila un homme!)」と叫び感動を表した。, 晩年のゲーテは腎臓を病み、1806年より頻繁にカールスバートに湯治に出かけるようになる。ここで得た安らぎや様々な交流は晩年の創作の原動力となった。1806年には長く書き継がれてきた『ファウスト』第1部がようやく完成し、コッタ出版の全集に収録される形で発表された。1807年にはヴィルヘルミーネ・ヘルツリープという18歳の娘に密かに恋をし、このときの体験から17編のソネットが書かれ、さらにこの恋愛から二組の男女の悲劇的な恋愛を描いた小説『親和力』(1809年)が生まれている。またこの年から自叙伝『詩と真実』の執筆を開始し、翌年には色彩の研究をまとめた『色彩論』を刊行している。1811年『詩と真実』を刊行。1816年、妻クリスティアーネが尿毒症による長い闘病の末に先立つ。, 1817年、30年前のイタリア旅行を回想しつつ書いた『イタリア紀行』を刊行した。最晩年のゲーテは文学は世界的な視野を持たねばならないと考えるようになり、エマーソンなど多くの国外の作家から訪問を受け、バイロンに詩を送り、ユーゴー、スタンダールなどのフランス文学を読むなどしたほか、オリエントの文学に興味を持ってコーランやハーフェズの詩を愛読した。このハーフェズに憧れてみずから執筆した詩が『西東詩集』(1819年)である。, 1821年『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』刊行。『修業時代』の続編であり、この作品では夢想的な全体性を否定し「諦念」の徳を説いている。またこの年、ゲーテはマリーエンバートの湯治場でウルリーケ・フォン・レヴェツォーという17歳の少女に最後の熱烈な恋をした。1823年にはアウグスト公を通じて求婚するも断られており、この60歳も年下の少女への失恋から「マリーエンバート悲歌」などの詩が書かれた。, 1830年、一人息子アウグストに先立たれる[4]。ゲーテは死の直前まで『ファウスト』第2部の完成に精力を注ぎ、完成の翌1832年3月22日にその多産な生涯を終えた。「もっと光を!(Mehr Licht!)」が最後の言葉と伝えられている[5]。墓はヴァイマル大公墓所(ドイツ語版)(Weimarer Fürstengruft)内にあり、シラーと隣り合わせになっている。, ゲーテは学生時代から自然科学研究に興味を持ち続け、文学活動や公務の傍らで人体解剖学、植物学、地質学、光学などの著作・研究を残している。20代のころから骨相学の研究者ヨハン・カスパール・ラヴァーターと親交のあったゲーテは骨学に造詣が深く、1784年にはそれまでヒトにはないと考えられていた前顎骨がヒトでも胎児の時にあることを発見し比較解剖学に貢献している。, 自然科学についてゲーテの思想を特徴付けているのは原型(Urform)という概念である。ゲーテはまず骨学において、すべての骨格器官の基になっている「元器官」という概念を考え出し、脊椎がこれにあたると考えていた。1790年に著した「植物変態論」ではこの考えを植物に応用し、すべての植物は唯一つの「原植物」(独:de:Urpflanze)から発展したものと考え、また植物の花を構成する花弁や雄しべ等の各器官は様々な形に変化した「葉」が集合してできた結果であるとした[6]。このような考えからゲーテはリンネの分類学を批判し、「形態学(Morphologie)」と名づけた新しい学問を提唱したが、これは進化論の先駆けであるとも言われている(星野慎一『ゲーテ』)。, またゲーテは20代半ばのころ、ワイマール公国の顧問官としてイルメナウ鉱山を視察したことから鉱山学、地質学を学び、イタリア滞在中を含め生涯にわたって各地の石を蒐集しており、そのコレクションは1万9000点にも及んでいる。なお針鉄鉱の英名「ゲータイト(goethite)」はゲーテに名にちなむものであり、ゲーテと親交のあった鉱物学者によって1806年に名づけられた。, 晩年のゲーテは光学の研究に力を注いだ。1810年に発表された『色彩論』は20年をかけた大著である。この書物でゲーテは青と黄をもっとも根源的な色とし、また色彩は光と闇との相互作用によって生まれるものと考えてニュートンのスペクトル分析を批判した。ゲーテの色彩論は発表当時から科学者の間でほとんど省みられることがなかったが、ヘーゲルやシェリングはゲーテの説に賛同している。, ゲーテの作品には非常に多くの作曲家が曲を付けている。特に重要なのは『魔王』『野ばら』『糸をつむぐグレートヒェン』『ガニュメート』などのフランツ・シューベルトによる歌曲であり、シューベルトが生涯作曲した600曲もの歌曲のうち70曲ほどがゲーテの作品に付けられた曲である。ゲーテ自身は曲が前面に出すぎて素朴さに欠けるとしてシューベルトの曲をあまり好まなかったが、シューベルトの死後の1830年に『魔王』を聴くと「全体のイメージが眼で見る絵のようにはっきりと浮かんでくる」と感動し評価を改めた。, ゲーテの音楽観は保守的なものであり、たとえば歌曲については民謡を理想とし、カール・フリードリヒ・ツェルターやヨハン・フリードリヒ・ライヒャルトらの作曲を好んだ。他にゲーテが評価した音楽家としてはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトがおり、『ファウスト』に曲をつける権利があるのはモーツァルトだけだとも語っていた(エッカーマン『ゲーテとの対話(英語版)』)。モーツァルトに言及した多くの文章も残っており、特に彼の音楽を「悪魔が人間を惑わすためにこの世に送り込んだ音楽」と評した言葉はよく知られている。モーツァルトのゲーテ歌曲には『すみれ』があり、特に早いゲーテ歌曲の一つであるが、モーツァルトは作曲した時ゲーテの作だとは知らなかった。, またゲーテはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンにも高い評価を与えていた。初めて『運命』を聴いたときには非常に動揺し、「みんなが一斉にあんな音を同時に演奏したらどうなってしまうのだ、建物が壊れてしまうではないか」と言っていた(前掲書より)。ベートーヴェンもゲーテを尊敬し劇音楽『エグモント』やカンタータ『静かな海と楽しい航海』などゲーテの作品に曲をつけている。2人は1812年にカールスバートの温泉地で対面しており数日間の交流を持ったが、ゲーテはベートーヴェンの難聴に同情しつつもその陰気さや無礼さを嫌った。ほかにゲーテと親交のあった作曲家にはフェリックス・メンデルスゾーンがおり、序曲『静かな海と楽しい航海』などを作曲している。, ゲーテの作品のなかで最も多く曲が付けられているのは『ファウスト』であり、オペラだけでも50もの作品が作られている。『ファウスト』に基づく音楽で代表的なものは、エクトル・ベルリオーズの『ファウストの劫罰』(1846年)、シャルル・グノーの歌劇『ファウスト』(1859年)、アッリーゴ・ボーイトの歌劇『メフィストーフェレ』(1869年)、ロベルト・シューマンの『ファウストからの情景』(1844年-1859年)、フランツ・リスト の『ファウスト交響曲』(1857年-1880年)、グスタフ・マーラーの『交響曲第8番』(1906年)など。先に挙げたシューベルトの「糸をつむぐグレートヒェン」なども『ファウスト』からの曲である。, この他にゲーテの作品に基づく有名な音楽作品として、シューマン『ミニョンのためのレクイエム』、トマの歌劇『ミニョン』、ブラームスの『ゲーテの「冬のハルツの旅」からの断章』(アルト・ラプソディ)、マスネの歌劇『ウェルテル』、ヴォルフの『ゲーテの詩による歌曲集』、デュカスの『魔法使いの弟子』などが挙げられる。特にオペラ化に関しては成功作がフランスに集中しており、お膝元のドイツ圏にもイタリアにも目ぼしい作品がない点は特異な傾向である。, ゲーテの晩年にはドイツでロマン派の文学が興隆し、その理論的支柱であったシュレーゲル兄弟をはじめ多くのロマン派の作家はゲーテ、シラーを範と仰いだ。しかし晩年「世界文学」を唱えるようになったゲーテはロマン派の国粋的な面を嫌うようになり、「ロマン派は病気だ」と言って批判的な立場を取った。ゲーテが死んだ翌年の1833年にはハインリヒ・ハイネがその死を受けて『ドイツ・ロマン派』を執筆し、同時代のドイツ文学の状況を総括した。, また近代言語学の祖であり『グリム童話』の編者でもあるヤーコプ・グリムが作成した『ドイツ語辞典』にはゲーテの全作品から非常に多くの引用が取られており、辞典の序文には「彼の著作から僅かでも欠如するよりは、他の人々の著作から多く欠如したほうが良い」と書かれている。マルティン・ルターによるドイツ語訳聖書によって大きく発展した現代ドイツ語がゲーテによって完成させられたことは今日では定説となっている(木村直司「ゲーテ像の変遷」)。, ゲーテはフランス革命の際に保守的な反応を取ったことから左翼的な思想の持ち主からはしばしば「偉大な俗物」と言われ批判を受けた。文学史上ではハイネやルートヴィヒ・ベルネ、青年ドイツの作家が彼の批判者である。もっともカール・マルクスは「ゲーテは偉大な詩人であるだけでなく、最も偉大なドイツ人の一人である」と述べており、レーニンもまたゲーテを愛読し、1917年に国外に逃亡した際にはネクラーソフの詩集とともにゲーテの『ファウスト』を携えていった(星野、前掲書)。, ゲーテの人気は19世紀なかばごろ一時下火となったが、1876年に発表されたヘルマン・グリムによる『ゲーテ』によってやや神格化を被りつつ人気が再燃した。1885年にはグリムが中心となってヴァイマルにゲーテ協会が設立され、今日に至るまでゲーテ研究の中心となっている。20世紀に入って以降もゲオルゲ、ホーフマンスタール、リルケらの詩人がゲーテの詩を範と仰ぎあるいそこからは霊感を受けており、またノーベル文学賞を受賞したトーマス・マンはゲーテをドイツ人の代表者として頻繁にエッセイや講演で論じ、晩年にはゲーテを範として長編『ヴァイマルのロッテ』『ファウスト博士』を執筆している。1927年にはゲーテを記念しフランクフルト・アム・マインでゲーテ賞が設けられており、戦後ビューヒナー賞にとって替わられるまで長くドイツ文学においてもっとも権威ある賞として機能した(三島憲一『戦後ドイツ』)。, 1871年(明治4年)に初めて日本でゲーテの名が紹介されたが、本格的な受容が起るのは明治20年代からである。作品の翻訳は1884年(明治17年)、井上勤が『ライネケ狐(de:Reineke Fuchs)』を『狐裁判』として訳したものが最初である(狐物語群#ゲーテのドイツ語作品)。この訳は当初自由出版社から出されていたが、1886年(明治19年)に版権が春陽堂に移って新たな初版が出され、1893年(明治26年)までに5版が出るほどよく読まれた。1889年(明治22年)には森鷗外が訳詩集『於母影』においてゲーテの詩を翻訳し、特にその中の「ミニヨン」の詩は当時の若い詩人たちに大きな影響を与えた。鴎外はゲーテを深く尊敬しており、『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』の翻訳や『ファウスト考』『ギョッツ考』などの論考を著し、1913年(大正2年)には日本初の『ファウスト』完訳を行なっている。, 日本では明治20年代から30年代にかけては若手作家の間で「ウェルテル熱」が起り、島崎藤村、平田禿木、戸川秋骨、馬場孤蝶ら『文学界』同人の作家を中心に『若きウェルテルの悩み』が熱心に読まれた。特に島崎藤村は晩年までゲーテを愛読しており、随筆『桃の雫』(1936年)の中でゲーテに対する長年の思いを語っている。外国文学に批判的だった尾崎紅葉も晩年にはゲーテを熱心に読み、「泣いてゆく ヱルテルに会う 朧かな」を辞世の句として残した。また『ウェルテル』と並んで『ファウスト』も若い作家の間で熱心に読まれていた。文壇に「ウェルテル熱」が起る前に早世した北村透谷は『ファウスト』を熱心に読んでおり、『蓬莱曲』などの作品を書く上で大きな影響を受けている。倉田百三は代表作『出家とその弟子』を書く際、鴎外訳の『ファウスト』から様々な影響を受けたことを語っており、国木田独歩も『ファウスト』を熱心に読み影響を受けたことを『欺かざるの記』のなかで繰り返し述べている。他にゲーテを愛読しゲーテについての著述を残している者に長与善郎、堀辰雄、亀井勝一郎などがおり(以上、星野『ゲーテ』より)、水木しげるもゲーテの言動についてのエッセイを著している。, 1931年(昭和6年)には日本ゲーテ協会が創設され、ドイツ文学の研究・紹介を行っている。また関西ゲーテ協会の主催で毎年ゲーテの誕生日の夜に「ゲーテ生誕の夕べ」が開催されており、そこではゲーテにちなんだ歌謡のコンサートや講演が開かれている。1964年(昭和39年)には実業家粉川忠によって東京都北区に東京ゲーテ記念館が立てられており、日本語の翻訳本や原著だけでなく世界中の訳本や研究書、上演時の衣装などを含む関連資料を所蔵する世界的にも類例のない資料館となっている。, ゲーテ (Goethe) のドイツ語での発音は日本人には難しいこともあり、日本語表記は、古くは「ギョエテ」「ゲョエテ」「ギョーツ」「グーテ」「ゲエテ」など数十種類にものぼる表記が存在した。このことを諷して斎藤緑雨は「ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い」という川柳を詠んだ(矢崎源九郎『日本の外来語』参照)。, ヴィテー,ヴーテー,ギェーテ,ギオーテ,ギューテ,ギュエテ,ギョウテ,ギョエテ,ギョーツ,ギョーテ(ギョーテー),ギョオテ,ギョート,ギョテ(ギョテー),ギョテーイ,ギョヲテ,グウイーテ,グーテ,ゲイテ,ゲエテ,ゲーテ,ケーテー,ゲエテー,ゲーテー,ゲォエテ,ゲテ,ゲョーテ,ゲョテー,ゲヱテー,ゴアタ,ゴイセ,ゴエテ(ゴヱテ),ふをぬ、げえて,及義的,歌徳,俄以得,俄義的,葛徳,驚天,暁蛙亭,芸陽亭,芸亭,芸天,就是葛徳,倪提以,哥徳 [7], ゲーテ生誕の地であるフランクフルトから、ワイマールを経て、ゲーテが学業に励んだライプツィヒまでの400kmの街道は「ゲーテ街道」と称されている[8]。, 女性のシルエットを眺める青年ゲーテ(ゲオルク・メルヒオール・クラウス画、1775年-1776年), カンパニュ・デ・ロマにおける30代のゲーテ(ティシュバイン画、1786年-1787年), 70歳のゲーテ。当時ゲーテは80歳近かったが、70歳の肖像として描かれている(前掲、ヨーゼフ・カール・シュティーラー画、1828年), イェーナ近郊にて。左からシラー、ヴィルヘルム・フンボルト、アレクサンダー・フンボルト、ゲーテ(アドルフ・ミュラー画、1797年頃), ヴァイマル・ムーゼンホフにてシラーの朗読を聞くゲーテ。胸に手を入れているのがゲーテである(テオバルト・フォン・エール画、1860年), ゲーテの父ヨハン・カスパー・ゲーテ(ゲオルク・フリードリヒ・シュモール画、1775年), 少年時代のゲーテの家族。羊飼いに扮している(ヨハン・コンラート・ゼーカッツ画、1760年頃), 21歳の頃恋に落ちたフリーデリケ・ブリオン。彼女との恋愛から初期の抒情詩が生まれた。, 22歳のゲーテが思いを寄せ、後に『若きウェルテルの悩み』のヒロインのモデルとなったシャルロッテ・ブッフ。, 20代の時の恋人リリー・シェーネマン。一時は婚約したもののその後婚約解消となった。, 20代から30代にかけてゲーテが愛をささげたシュタイン夫人。彼女との恋愛はゲーテが古典主義に向かう契機となった。, 妻クリスティアーネ。ゲーテは彼女との間に息子アウグストをもうけている。(ゲーテ自身の筆による), 50代のゲーテが恋をしたヴィルヘルミーネ・ヘルツリープ。18歳当時の彼女に対する密かな愛が『親和力』執筆の原動力となった。, 晩年に恋したマリアンネ・フォン・ヴィレマー。『西東詩集』の「ズライカの書」において「ズライカ」として登場する。, 80歳のゲーテが恋に落ちたウルリーケ・フォン・レヴェツォー。彼女への失恋から『マリーエンバート悲歌』が生まれた。, ゲーテの後半生を知るうえで重要な著作(『ゲーテとの対話(英語版)』)を残し、秘書でもあったヨハン・ペーター・エッカーマン, イルム川近くにあるゲーテの園亭。ここで寝起きすることもしばしばだった(2006年), ゲーテが死去した部屋。ゲーテは肘掛椅子に坐ったまま、椅子の左側に寄りかかった状態で息を引き取った。, ここから、そしてこの日から、世界史の新たな時代が始まる。(Von hier und heute geht eine neue Epoche der Weltgeschichte aus, und ihr könnt sagen, ihr seid dabei gewesen.